Skip to content

カードローンは消費者金融と銀行

カードローンではお金を担保、保証人などややこしい準備をせず、気軽に借りることができます。このサービスはどこも同じように見えますが、会社によって違うことをご存知ですか?借入金額に明確な上限のある消費者金融や専業主婦でも利用できる可能性のある銀行系カードローンなど、違いをご紹介します。


銀行系カードローンのメリット

まずは銀行が行っているカードローンです。多くの場合、ローンを利用する銀行の口座を持っていることが条件になることが多かったそうですが、現在は口座の申し込みと一緒に審査を受けることができる、他の銀行口座でも利用できるなど、サービスの幅は広がっているそうです。金利が低いことが多く、銀行という安心感も手伝うのか、人気が高くなっているそうです。こちらでは年収に対する明確な規制などはまだ設けられていませんが、審査は消費者金融よりも厳しいことが多いそうです。


消費者金融のメリット

消費者金融は古くから、少ない金額の融資や無担保での融資などを行っています。そのため、申し込み結果が出るまでの時間が非常に短いというメリットがあります。最短で30分というところもあり、急な出費なども直ぐに対応できるのが特徴です。ただし、年収の3分の1を上限とする規制があります。これは貸金業法という法律を消費者金融が守らなくてはいけないからです。