Skip to content

カードローンで返済が大変になったら

カードローンで返済が大変になるのはなるべく避けたいところです。しかし、どうしてもそういう事態と言うのは絶対に起きないというわけでもありません。返済が大変になったら、債務整理などの法的な手続きなどの確認をしておきましょう。最終的に返済ができなくなったら法律家と相談して債務整理を行うしかありません。


<カードローン返済でもありえる債務整理>

カードローンでも任意整理、過払い金の請求、自己破産、民事再生と言う法的措置を行って返済問題を解決するケースは十分にあり得ます。これらの法的措置を実行することで返済すべき金額を減らすことができたり、支払いすぎた分のお金が戻ってきたり、そして一気に借金生活を終わらせることが可能となります。


<しかしその後のカードローン利用は絶望的>

しかし、上記の法的手段を取ってしまうと個人の信用情報が信用情報を扱う期間に等得されてしまうという大きなデメリットもあります。そうなりますと、最低でも5年間は新しいカードローンの利用、もしくはその他の融資サービスを受けることはできなくなってしまうのは必至です。上記のような法的手段はあくまでも返済問題を解決するための最終手段として考えるべきで、返済できるのでしたら独力で返済して行くべきでしょう。