Skip to content

低金利カードローンという誘惑

低金利カードローン。まるで誘惑のような言葉ですね。もし、あなたが急な事情などがあり、借り入れする必要になったとき、できるかぎり金利が低いほうがこれほど有り難いことはありません。しかし、よく、言われますよね。甘い言葉にはダマされるな、とか。低金利のカードローンは安全なのでしょうか?


<借り入れするときの注意点>

安全かどうか疑う姿勢や気持ちは正しいです。実際、そのぐらいの性格の方が、カードローンとの賢い付き合い方ができます。疑り深い性分で、ちょうどいいぐらいです。少しでも不安に感じたら、契約をしないほうが未来の自分のためになります。カンタンな低金利などはないと思ったほうがいいでしょう。特に数字の計算などが苦手な方は、もう一度、詳しい人に尋ねてみるぐらいでいいかもしれません。


<大手のカードローン>

安全と安心を基準に選ぶなら、銀行系や、大手の消費者金融系がオススメです。実際、さまざまなプランをくらべれば気づくと思うのですが、安全な低金利は自然と大手になってきます。もちろん、低金利にはそれなりの理由があるのは当然です。借り入れの審査が若干、厳しくなっています。逆にいえば、その審査を満たしている方は低金利のプランを選ぶことができる、ということです。
お薦めの銀行カードローン→八十二銀行カードローン>>>長野県の地方銀行が提供するカードローンですが、全国的な知名度を獲得しつつあります。

カードローンの審査について

カードローンを移用されたことのある方でしたらご存知だと思うのですが、利用される際に必ず審査を受ける必要があります。
そこでは個人情報と信用情報について確認されますので、どちらも正しく記入をして提出するようにして下さればと思います。
重要視されるのは年齢・住所・勤務先・年収などみたいなのでそちらをしっかりと記入しましょう。
余程のことが無い限りでしたら無事審査に受かることが出来るかと思いますので安心して下さいね。


カードローンはいざという時に

カードローンは即日融資をして下さるところも今では多くなってきていますので、非常に便利になってきました。(参考サイト:即日融資OKの金融機関)
しかし、だからといってむやみに使いすぎてしまいますと後々困ってしまいますので計画的に余裕をもって利用されることをお勧めします。
また、本当にその金額が必要なのかについて考え直すことも大事だと思います。
頻繁に使ってしまいますと今度はそれが癖になってしまったりしたら困るので、本当に困ってしまった時にだけ利用していただけたらと思います。


返済日を守りましょう

また、返済についてなのですが返済日をしっかり守って返済するようにしましょう。
遅れてから支払うのは出来るだけ避けるようにして下さい。
どうしても遅れてしまうという方は事前にその旨をお伝えして変更してもらうなどしていただくのが良いかと思います。
3か月返済が遅れてしまいますとブラックリストに載ってしまう可能性もありますので気を付けるようにしていただければと思います。

カードローンを利用する人はどんな人?

カードローンを利用する人にはいったいどんな客層が多いのでしょうか?印象では20代くらいの男性のイメージでしょうか?
でも実は、正解はこちら。


カードローンを利用する人の特徴

実は一番カードローンを利用する年代というのは30代半ば以上なのです。なぜなのかといえば、一番この年代はお金がかかると言われている年代であることを考えると、答えは明白になるかと思います。


何故30代はお金がかかるのか

まず大半の人が部下を持つようになります。また、周りの同年代の友達もそれなりの役職に就き始める歳です。その結果、カードローン審査にも通りやすくなるという理由もあります。
部下と飲みに行くにも、おごらなくてはいけないですし、独身の方が合コンを開くとなると、昔のように安い居酒屋でというわけにもいかなくなってしまいます。ご結婚されている方なら、お小遣い制限も厳しいでしょうし、お子さんがいたら何かにつけてお金が飛んでいってしまいます。
こういった背景もあり、「あー、どうしても今月ピンチだぁ」という状況で、「ちょっと、3万だけ借りたい」というような場面に陥りやすいのでしょう。
なお、30代男性の次は皆さんが想像してらっしゃった通り、20代男性が来ますが、その次は30代女性が来るという、これまたちょっと意外な展開です。男女問わず、30代はお財布が寂しくなりやすい年代なのかもしれませんね。

カードローンの申し込みは正直が一番です

カードローンの申し込みを行う際に審査に通るかどうか不安に思っている方はいませんか?
中でも他社からの借り入れもある方などは特に不安なのではないでしょうか。
そこでこの記事ではカードローン利用しやすくなる幾つかのコツをご紹介。
これを参考に失敗しないカードローン選びのお役に立ててください。


情報の申請は絶対正直に答えるようにしましょう!

・氏名や生年月日などの個人情報
・勤務先や年収などの収入情報
・他社からの借り入れなどの債務状況
融資を受ける際には一般的にこれらの情報を入力する必要があります。
その後の信用会社での審査もこの情報を基に行っていくことになるので、ここで嘘をついていたのでは確実に落とされてしまうので注意するようにしましょう。
特に他社からの借り入れが膨らんでしまっている方などは、軽い気持ちでつい嘘をついてしまいたくなってしまいますが、債務情報などは各信用会社で共有されているので注意しておくようにしましょう。


一つの業者でダメだったからといって諦めてはいけません!

融資を受ける際には一つの業者でダメだったからといってすぐに諦めてはいけません。
それぞれの業者によって判断する基準はさまざまとなっているので、A社では融資を受けられなくてもB社では融資を受けられたといったケースは多くあるのです。
そのため、確実に融資を受けたいと考えている方は一つの業者で諦めるのではなく、比較的利用条件がゆるいカードローンを捜すといった努力が必要なのです。
しかし、あまりにも同時に申し込みを行っていると信用度を下げる結果となるので、事前の調査をしっかりとして失敗しない融資を実現しましょう。

収入を持っていない人でもカードローンの審査は通るか

無職や専業主婦という収入を持っていない立場だけど、カードローンを用いてお金を借りたい。
そのような人でも、銀行や消費者金融などで申し込み・審査を行うことはできるのでしょうか?


カードローンに申し込める人は「安定した収入を持っている人」

結論から言うと、そのような人がキャッシングを利用するのは難しいです。
申し込みの対象となる人は働いていて安定した収入を得ている人ですから、働いていなくて給料をもらっていない方はカードローンが使えない可能性が高いのです。
もしどうしても利用したいなら、アルバイトでもいいから仕事を始めるか、家族や配偶者に代わりに申し込んでもらうという手段をとりましょう。
「無職でもOK」と言っているキャッシング会社も中にはありますが、正直そのようなところは怪しいです。
重要なことですから、危険な道を行くのではなく、安全で堅実な道を行った方がいいでしょう。


専業主婦ならカードローンに申し込める

ただし、配偶者のいる専業主婦は銀行カードローンやレディースキャッシングに申し込むことができます。
夫の収入を元に返済を行っていけばからです。
ただしその際には夫の同意書や夫婦関係を証明する書類が必要なので、それらをしっかりと準備してから申し込みや審査に挑みましょう。

カードローンで心穏やか

カードローンは定められた限度額内でなら何度でも借り入れることが可能な利用用途自由の便利なキャッシングサービス。あなたの必要に応じて自由に借りたお金を使っていただけます。
それだけでなく、近所のコンビニエンスストアなどのATMを利用して自由に借り入れを行えるという便利なポイントもあります。
返済も借り入れもとっても簡単なお得なローン。それがカードローンです。
審査時間、そして申し込んでからすぐに融資を受け取ることができるのも大きな特徴。申し込み条件もやさしく、学生や主婦でも申し込みが可能ということもあって利用者は多いです。
どんな目的でカードローンを使うのも自由。生活費の足し、ギャンブルの元手。プレゼント資金。旅行のためのお金。
何に使ってもあなたの自由です。


カードローンで生活満足

あなたは現時点の生活に満足していますか?
人間関係は良好? お金の備えは十分ですか?今後も何か問題が起こりそうな兆しはありませんか?
もし、現時点よりもっともっと良い生活をしたい、もっと安心して幸せな生活を手に入れたい。そう考えているとしたら、カードローンを使うのは有効です。その手に入れたお金を使ってあなたの生活を豊かに、幸せに彩ってください。


言いたいことは無くなったのか

あんなに毎日ぶつぶつとつぶやいていたのに、もう以前のように何かを言いたい、という気持ちはなくなったように思います。
前は常に何か思い悩んでいた気がしますが、今はもっと違う部分に頭が向いているのでは。そう思っています。真偽はわかりませんが。
アウトプットしないと死ぬ、くらいの気分だったのに最近はすっかりおとなしくなったものです。なぜでしょう。考えてみましょう。


人に話すのが楽しい

やっぱり何か書いて不特定多数、他の誰かにぼんやりとした思いを伝えるのより、しっかり相手の目を見て、自分の考えをしっかりと伝える方が良いです。
反応がすぐに帰ってくるだけでなく、その話すことで新たな発見が多くあります。そういた方面のアウトプットができるようになったから、書くことに頼らなくなったのかもしれません。
以前は世の中に言いたいことばかりだったけど、言いたいことが無くなったのかもしれません。心穏やかになったということも、否定できないことです。
カードローンを使えば、心穏やかな生活を送るための助けになること間違いなしです。人生の大きなテーマです。「心穏やかに生きる」ということは。少なくとも私にとっては。

カードローン審査はインターネットで楽ちん

カードローン会社ではほとんどの会社がインターネットを経由した審査申し込みに対応しています。ほぼ100パーセントといっても過言ではないほど、ネット審査は増えているのです。ネットを使った申し込みで大切なことを知っておきましょう。


カードローンは心理的な圧迫が多かった

お金がない状態や、お金を借りなくてはいけない状態はできるなら避けたいものですし、この状態では非常に人の目などもナーバスになってしまいます。これは仕方ないことで、お金を借りること自体は問題ではないのですが、心理的なストレスから、申し込みをできないというケースもあったそうです。知らない人と顔を合わせることもストレスになるため、無人契約機なども多くなっていたのですが、ネットやスマホの誕生で、個人の紐づけが簡単にできるようになり、利用者にもストレスは少なくなりました。


プライバシー面も安心して使えるので若い世代も人気

プライバシー面でも自分しか扱わない、自分以外にログインすることが原則としてないスマートフォンを利用するほうが、安心度は高くなるでしょう。スマートフォンを使った申し込みなどが対応していることで、家族とパソコンを共有しているといった場合でも、家族にも知られることなくカードローンを利用できるということもあるそうです。

カードローンで返済が大変になったら

カードローンで返済が大変になるのはなるべく避けたいところです。しかし、どうしてもそういう事態と言うのは絶対に起きないというわけでもありません。返済が大変になったら、債務整理などの法的な手続きなどの確認をしておきましょう。最終的に返済ができなくなったら法律家と相談して債務整理を行うしかありません。


<カードローン返済でもありえる債務整理>

カードローンでも任意整理、過払い金の請求、自己破産、民事再生と言う法的措置を行って返済問題を解決するケースは十分にあり得ます。これらの法的措置を実行することで返済すべき金額を減らすことができたり、支払いすぎた分のお金が戻ってきたり、そして一気に借金生活を終わらせることが可能となります。


<しかしその後のカードローン利用は絶望的>

しかし、上記の法的手段を取ってしまうと個人の信用情報が信用情報を扱う期間に等得されてしまうという大きなデメリットもあります。そうなりますと、最低でも5年間は新しいカードローンの利用、もしくはその他の融資サービスを受けることはできなくなってしまうのは必至です。上記のような法的手段はあくまでも返済問題を解決するための最終手段として考えるべきで、返済できるのでしたら独力で返済して行くべきでしょう。

女性向けカードローンの審査について

女性向けのカードローンがありますが、こちらの審査は甘くも緩くもありません。
他の所と同じで平等にしっかり行われますので、ちゃんと信用してもらうことが出来ますので安心して下さい。
中には、緩いところの方が助かるという人もいますが、やっぱりしっかり信用してもらえる方がいいような気がします。
確認されるのは、住所や連絡先・勤務先や年収などについてなので、正確に記入するようにして下さいね。


カードローンの申込み方

女性用のカードローンは簡単に申込むことが出来るようになっています。
直接窓口まで行っても女性のスタッフが対応してくれるので、安心して話すことが出来るので男性が苦手な人にはおすすめ。
顔を見られたくない、という人は電話から申込みをすれば大丈夫です。
コールセンターのオペレーターも全て女性なので、こちらも安堵感があっていいのではないでしょうか?
また、時間が無い人達はネットからの申込みも可能となっているので、そちらから申込んでみて。


返済はちゃんとしよう

カードローンを利用したら、返済をしっかりするのがマナーです。
自分が余裕をもって無理なく返済できるように、借入金額を少なめにしておくのがベスト。
もし、返済が遅れてしまいそうなときなどは、連絡を入れてその旨を伝え少し変更してもらうなどしましょう。
一番いけないのは、連絡を入れずそのままにしてしまう事です。

カードローンの返済をしっかりしたい

カードローンが少しずつ身近なものになってきていますが、やはり返済をしっかりしたいですよね。
延滞することなく返済日に無理なく返済をしたいと考えている方には、利用される前に金利について調べておかれるのが良いかと思いますよ。
金利は利息に深くつながっていますので、よく他社と比較されてからお決めになるのが良いかと思いますので、比較サイトなどを覗いてみていただければと思います。


カードローンの審査で確認されること

カードローンの審査で確認されるのは嘘をついていないかどうかという事です。
他にも個人情報や信用情報についても確認されますので偽る事の無いように正しく提出するようにしていただければ審査に無事受かるかと思いますので安心して下さればと思います。
不安な方は前もって利用したい先の審査について調べておかれることをおすすめします。
他にも口コミを覗いてどのようなものなのかについて知るのも良いかと思いますよ。


使いすぎには注意しましょう

確かにカードローンはいざという時にはとても便利で頼もしい存在なのですが、使いすぎてしまうと返済の時に困ってしまいますので、むやみに使わないことをおすすめします。
便利なのですが借金をしている事と変わりないので、そのことをきちんと理解して余裕を持ち計画的に利用されるのが良いかと思います。
借金をしているというのを忘れてしまっている方も中にはいらっしゃるのではないかと思いますので、改めて頭に入れるようにしましょうね。

カードローンのメリットについて知りたい

最近になって私たちの身近なものになってきているカードローンですが、皆さんはカードローンのメリットについてご存知でしょうか。
カードローンは手元に現金が無くて困ってしまった時など万が一の時にとても頼もしいものなのです。
利用しすぎるのは良くありませんが、とても心強い存在だと言えますし今ではATMで融資を受ける事も出来ますので時間や手間を省くことが出来るので非常に便利で助かります。


カードローンの審査に必要なもの

カードローンの審査に必要なものは個人情報と信用情報になります。
ですのでご自分の証明が出来るもの、運転免許証や住基カードなど写真の入ったものが必要とされますので忘れずに持っていくようにしましょう。
また、住民票は場所によって不可とされているみたいですので事前に審査内容について調べておかれるのが良いかと思いますよ。
正しく提出すれば比較的問題なく受かるかと思いますので安心して下さいね。


金利を比較してみましょう

一番大事なのは金利について比較されておくことかと思います。
その金融機関によって変わってきますのでよく調べて比較をしてからお決めになることをお勧めします。
疑問点がある場合は直接お問い合わせをして尋ねてみるか、質問広場などで質問されてみるのが良いかと思いますよ。
活用できる場所はどんどん活用して情報を集めていきましょう!

カードローンは消費者金融と銀行

カードローンではお金を担保、保証人などややこしい準備をせず、気軽に借りることができます。このサービスはどこも同じように見えますが、会社によって違うことをご存知ですか?借入金額に明確な上限のある消費者金融や専業主婦でも利用できる可能性のある銀行系カードローンなど、違いをご紹介します。


銀行系カードローンのメリット

まずは銀行が行っているカードローンです。多くの場合、ローンを利用する銀行の口座を持っていることが条件になることが多かったそうですが、現在は口座の申し込みと一緒に審査を受けることができる、他の銀行口座でも利用できるなど、サービスの幅は広がっているそうです。金利が低いことが多く、銀行という安心感も手伝うのか、人気が高くなっているそうです。こちらでは年収に対する明確な規制などはまだ設けられていませんが、審査は消費者金融よりも厳しいことが多いそうです。


消費者金融のメリット

消費者金融は古くから、少ない金額の融資や無担保での融資などを行っています。そのため、申し込み結果が出るまでの時間が非常に短いというメリットがあります。最短で30分というところもあり、急な出費なども直ぐに対応できるのが特徴です。ただし、年収の3分の1を上限とする規制があります。これは貸金業法という法律を消費者金融が守らなくてはいけないからです。

カードローンについて知っておきたい

カードローンが最近では身近になってきましたが、皆さんの中にも利用されている方がいらっしゃるかと思います。
そんなカードローンですが、皆さんの中にはなんとなく不安に思っている方もいるのではないかと思います。
正しく利用すれば何も不安なことはありませんので、もし現金に困ってしまった時は利用してみて下さいね。


カードローンには審査があります

カードローンを利用する時に必要になってくるのが審査なのですが、その審査に対して不安に思う方も多いかと思います。
個人情報と信用情報を嘘偽りなく提出すれば比較的問題なく通るかと思いますので安心していただければと思います。
ただ、あまりにも他社から複数借入をしてしまっていますと通りにくくなってしまいますので気を付けていただければと思います。


返済は余裕をもってすること

また、返済に関してですがご自分が借りた金額をしっかり返すようにしましょう。
ここで気を付けていただきたいのは借りた金額とその利息分ですので、余裕をもって返済できる方法を選んで返していくようにしましょう。
お悩みの方がいましたら、周囲の方やスタッフの方に相談してみるのが良いかと思いますよ。
やはりご自分一人だけでは何かと不安なこともあるでしょうし、分からないことなどもその都度質問するようにしましょう。